この「アオヒモファミリア」のエロ漫画・エロ同人誌(無料)のネタバレ ・爆乳JKなお姉さん達に言い寄られて思わずチンポが勃起してしまうショタっ子!!すかさずお姉さん二人にフェラチオやパイズリされておねショタ3Pセックスしてしまうwww

作品名:りっくん、ゲームうまいね。かっこいいね。 サークル名:アオヒモファミリア 作家:あおひも 元ネタ:オリジナル イベント: 発行日:2019/08/12 漫画の内容:,,JK,,,,,3P,, ジャンル:エロ同人・エロ漫画 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (6)



【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (1) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (2) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (3) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (4) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (5) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (6) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (7) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (8) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (9) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (10) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (11) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (12) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (13) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (14) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (15) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (16) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (17) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (18) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (19) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (20) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (21) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (22) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (23) 【エロ同人誌】爆乳JKなお姉さん達に言い寄られておねショタ3Pセックスしてしまうショタっ子ww【アオヒモファミリア エロ漫画】 (24)



カテゴリー:

週間人気記事

何でもイイから書いて逝ってwww

コメント一覧 (34件)

  1. ななしさん 2020/05/14(木) 10:10

    なんでこの人風呂でマスク付けてるんだ…

    • 砂糖剛 2020/05/18(月) 12:34

      コロナだから

      • ななしさん 2020/07/21(火) 07:21

        いやソーシャルディスタンスできてない。

    • ななしさん 2020/06/11(木) 00:44

      実はマスク生えてんだぜ

      • ななしさん 2020/06/22(月) 01:01

        いや草

      • ななしさん 2020/09/07(月) 05:20

        アニマルガールかな?(けもフレ並感)

  2. ななしさん 2020/05/18(月) 10:58

    うらやましい(瀕死)

  3. ななしさん 2020/07/05(日) 18:55

    髪の毛のスタンドも居るくらいだしマスクのスタンドも居ておかしくないさ

  4. ななしさん 2020/07/08(水) 14:59

    内容がないよう(激ウマギャグ)

  5. ななしさん 2020/07/16(木) 21:38

    ╰⋃╯

    • ウェイ 2020/10/16(金) 19:06

      ╰⋃╯
      ww

  6. ななしさん 2020/07/26(日) 03:53

    べ、別に羨ましくないんだからね

    • ななしさん 2020/07/26(日) 12:48

      意訳;めっちゃ羨ましい。ショタどけ。そこ俺と替われ。俺もデカチチ揉みしだきたいおー(*´д`*)ハァハァ

      • 無名〜 2020/09/05(土) 03:12

        どんぐり(ボソッ

  7. おつは゜いすきすき星人 2020/08/11(火) 21:20

    お姉ちゃんも巨乳な件

  8. ななしさん 2020/08/25(火) 20:45

    うらやましい

  9. ななしさん 2020/09/02(水) 09:03

    頭おかしいよこの人たち

  10. ななしさん 2020/09/07(月) 11:04

    精神状態おかしいよ…..

  11. 2020/09/08(火) 22:56

    エッッッッッッ

  12. 2020/09/12(土) 14:46

    ウッッッッ……………………………ふぅ………………………………

  13. ななしさん 2020/09/17(木) 04:31

    じっとりと汗が染み出る蒸し暑い夏。僕を狙うかのような日差し。蝉の断末魔。止めど無く流れる川。
    張り替えたばかりの藺草の香り。床の仄かな冷たさ。
    全てが心地よく、僕の夏の日常は誰にも邪魔をされない。
    こじんまりとしていて、それでいて堂々としている。
    この山奥が僕の人生の最終拠点とも言えるこの家には親戚の姉貴が住んでいる。
    なぜこんな不便な場所に住んでいるのか。
    小学生の頃からの疑問であった。しかし当時の僕は理解できないことばかりだった。
    今考えてみても理解できないが。

    どうやらその山奥では夢魔が現れるという。
    昔からの言い伝えであるらしいが聞いたのはつい最近で、夢魔とは何かすらも知らなかった。
    夢魔とは分かりやすく言えば淫魔、即ちサキュバスと言ったところだろうか。
    珍しい事にその夢魔は性別問わず襲うのだとか。
    僕はその珍事件とも言い表しにくい謎の言い伝えを確認する為にこうしてこの家に来ているのである。男たる者、身を張って検証したい。
    もちろん姉貴にも会いたかった。
    姉貴にはこの話の調査に来たとは言ったが鼻で笑われ相手にもされなかった。
    夏が終わるまでは家に置いておいてくれるそうなので都会の暑苦しい空気で満たされた身体をこの大自然でクリーニングして帰りたいものだ。

    僕が来て一日が経った。昨日は大雨で山奥の探索に行けなかったので今日が初めての探索だ。
    姉貴は相変わらず魚を釣に行っている。毎日焼き魚を食べて飽きないのか、と思うが実際僕も焼き魚が好きだ。
    姉貴がどこで釣りをしているのか知らないが僕は家を出て目の前にある山林へ足を踏み入れていった。

    真夏の炎天下にも関わらず辺り一面薄暗く肌寒い。
    富士の樹海でもこんなにはならないだろう。

    僕は足元に気をつけながら進んでいた。
    そこには長年放置されているであろう山小屋を見つけた。
    こんな山奥だ、使われていない小屋の一つや二つあるだろう。と思い淡い期待を抱きながらその小屋に入った。

    使われていないにしては綺麗な内装、不思議なことに電気が通じている。
    少し小屋の外回りを見回していると何処かから女性の声がした。

    僕は咄嗟に木陰に隠れた。段々と声が大きくなっていく。
    何かを話していることだけがわかる声だったのが、次第に一語一句はっきりと聞き取れる近さになっていることに気がついた。それと同時にその声が普段聞きなれた声である事にも気がついた。
    そう、姉貴であった。
    しかし一語一句聞き取れる距離なのに声が安定しない、苦痛のような、快楽のような。
    どちらとも取れる喘ぎ声が小屋を挟んだ向こうから聞こえる。
    そしてその声は苦痛の声ではなく快楽に堕ちた下品な声。
    自らの欲望に忠実に、一心不乱に喘ぎ、頻繁に体を震わす。
    そんな姉貴は小屋の中に入っていく。
    僕は小屋の壁に空いた穴から中を覗く。

    中には性欲の塊とも言える女の身体だったものが、翼が生え、そして尾まで生えた。
    まさしく僕が聞いた夢魔と同じものだった。
    その淫らな生き物は服を全て脱ぎ捨て、自らを慰めていた。

    僕は自分の姉貴であることを忘れ、無我夢中で穴を覗いていた。
    その時、根に足元を取られ壮大に転んでしまった。

    その瞬間、中の夢魔はこちらを警戒し、恐る恐る歩いてきた。
    足に絡まった根が抜けない。かなり強く縛られた。

    小屋の扉が開いた。

    迷うことなく、一糸まとわぬ姿で僕の前に現れたのは

    今まで姉貴と呼んでいた生物であった。

    どうやら僕は彼女の罠に掛かってしまったようだ。
    ここで覗いた人間を捕まえる為の罠に。

    僕の顔を見るなり彼女は少し驚いていたが、ニタりと笑った。
    晩の獲物を捕らえた動物のように、今日はコイツにしようと言わんばかりの笑みだった。

    「ねぇ、どうして見ていたの?自分の姉の裸体なんて、昔は風呂であんなに見ていたのに」
    からかう様な言い方で微笑しながら聞いてきた。

    僕は何かを言い返そうとしたが言い返す前に小屋の中に引きずり込まれてしまう。

    中で何があったのかは言うまでもない。
    しかし、その後の記憶はなく、気がついた時には県の総合病院のベッドの上で寝ていた。
    確か僕が寝ていたのは全裸の姉貴と二人でベッドだったのに。
    今は呼吸器と添い寝をしている。

    どうやら山中で落石に頭を打ち気絶していたらしい。
    誰に助けられたのか、どこで倒れたのか。全て覚えていない、唯一覚えているのは肌の感触だけだ。
    しかし抱き合った相手の顔が思い出せない。
    顔どころか名前も、場所も。
    さっきまでうっすら覚えていたのに全て消えていってしまう。
    ベッドで寝てた?誰と。
    一体誰と寝ていたのか。
    僕は何をしていたのか。
    全て忘れてしまった。

    僕に家族がいたのか。

    僕が誰か。

    そのまま寝てしまったらしい。
    僕は全てを思い出した。
    思い出したが、僕の記憶が戻り、僕が僕である事を自覚したのは、目の前で寝ている自分を見た時だった。

    姉貴がベッドの横の椅子で僕の手を握って寝ている。
    僕もベッドで寝ている。
    その時に部屋の扉が勢いよく開く。

    呼吸が荒く、物凄い汗をかいている父。
    部屋に入るなり膝から崩れ落ちる母。
    泣きつかれて寝ている姉。

    それでも目を覚まさない僕。

    僕はいつになれば起きれるのだろうか。

    いつも通り、みんなで過ごしたいな。

    暑い夏に飲む麦茶は最高だよな。

    戻りたい

    僕を僕の体に戻してくれ。

    どうやら僕は夢魔との契約で、この世で一番の快楽と引き換えに自分の魂を売ってしまったようだ。

    夢魔は姉貴ではなく、姉のフリをして近づいてきたようだ。

    欲に負けた自分が情けなくなり、見えない僕も起きない僕を睨みながら泣いていた。

    • (๑•̀ㅁ•́ฅ✧ 2020/09/21(月) 20:18

      いや、長い長い( ˙-˙ )

    • ななしさん 2020/09/23(水) 17:08

      なんか小説書いてて草

    • ななしさん 2020/09/23(水) 17:09

      なんか小説書いててマジ草

    • ななしさん 2020/11/14(土) 08:24

      まあ全部読んだけどwww

  14. ななしさん 2020/09/24(木) 19:42

    射精の音かっこいいは草

  15. ななしさん 2020/10/14(水) 00:48

    やはりおねショタこそ至高
    この世のエロは全ておねショタであるべきである

  16. ななしさん 2020/10/28(水) 19:54

    賢者タイム小説兄貴好きだよ

  17. ななしさん 2020/11/03(火) 17:35

    マスク永遠につけてて草

  18. ななしさん 2020/11/04(水) 00:11

    小説兄貴で笑って起った、起訴

  19. ななしさん 2020/11/05(木) 00:25

    何気に古見さん感あったな、、、、ふぅ、、

    • ななしさん 2020/11/05(木) 07:37

      画風が180度違うんですがそれは

      • ななしさん 2020/11/24(火) 01:20

        ふぅ…

        桜の花びらが舞っていた。その桜の木は私が産まれた時に両親が植えた木で、私と一緒に23度も春を迎えてきたのだが、今まで花びらを咲かせたことは無かった。初めは桜が咲くのを家族で期待していたのだが、一向に咲く気配がないので木を切り倒す、という方向に家族の意見が固まるのは自然な流れというか、当たり前というか。かわいそうだとは思った。
        自分と一緒に育ってきた木なのだから情もわくというものだろう。しかし、私の両親はいわゆる、オカルト思考なところがあり、縁起が悪いの一点張りで今年の5月頃には業者の人を呼んで、木を切り倒すことが決まっていた。つまり今年の春にこいつが咲こうが咲くまいが、この木の最後は決まっていたのだ。私の家は4人家族で私の下に6つ年の離れた妹がいた。何でも深く考える両親とは正反対な性格で、陽気で楽観的という言葉が具現化したようなふわふわとした妹だった。私はどうしてこんな性格を保っていられるのだろうと不思議に思っていた。というのも、彼女とは実際に血縁関係がある訳ではない。私が中学に上がる頃、家族を事故で無くしてしまい親戚をたらい回しにされていた彼女を可哀想に思った両親が親友に掛け合って引き取ったのだ。その親友いわく、家族が亡くなっているのにヘラヘラしていて気味が悪かったそうだ。いま思えば、新しい家族に嫌われないために彼女なりに頑張っていたのだろう。しかし当時の私は妹が欲しかったので願ってもない話だった。そんな妹は桜の木を切り倒す際にも楽観的だった。家族会議で意見を聞くと、
        『桜? いつか咲くらぁ~』

        …さくらが…さくらぁ……なんつって

        なんつってなぁぁHAHAHA

        ごめんなさい受験勉強で疲れてるんだと思います。

  20. ななしさん 2020/11/19(木) 23:15

    この作者今ジャンプラでマンガ描いてる人じゃん。 絵は相変わらず下手なままやな笑

コメントをする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)